弁天町駅より徒歩10分、

大阪シティバス市岡停留所より徒歩3分

内科・糖尿病内科・循環器内科

  内藤医院

タイトルを編集するにはクリック

〒552-0012 大阪市港区市岡1-1-26

TEL:06-6571-1478   FAX:06-6572-4093

よりよい明日のために。

一歩ずつ。

糖尿病とは?

糖尿病というのは文字通り、尿中に糖を認めることが、その語源です。本来であれば、尿中に糖を認めることはありません。


体内には本来、血糖値を一定に保つシステムが備わっており、膵臓から出るインスリンというホルモンが血糖値を下げる働きをしています。


このシステムが崩壊すると、血糖値が上がり、腎臓で処理

できない分の糖がおしっこの中に出ていってしまうのです。


慢性的に血糖値が高い状態が続くと、身体に様々な不調を

きたしてしまいます


糖尿病のタイプは、以下のように1型糖尿病と2型糖尿病の2つに大別されます。

検査についてはコチラ

治療についてはコチラ

1型糖尿病と2型糖尿病

1型糖尿病というのは、御自身の免疫が膵臓を攻撃してしまう病気です。膵臓がボロボロになってしまうと、インスリン分泌が低下し、血糖値を下げることができなくなり、血糖値が上昇してしまいます。


2型糖尿病というのは、一般に“生活習慣病”に分類され、元々の体質や加齢に過食や運動不足が加わって発症します。肥満傾向の方が多く、高血圧症や高脂血症といった他の生活習慣病を合併しやすいが特徴です。


肥満を有する2型糖尿病の患者さんで問題になるのは、以下に示すインスリン抵抗性です。

検査についてはコチラ

治療についてはコチラ

インスリン抵抗性とは?

インスリン抵抗性とは、インスリンの効きが悪くなり、血糖値がしっかり下がらなくなることです。


慢性的な過食や運動不足が続くと、血糖値の上昇を防ぐため、膵臓からの過剰なインスリンが分泌されるようになります。


そうした状態が続くと、身体がインスリンに対して、しっかり反応しなくなるため、血糖値が下がらなくなり、糖尿病を発症します。


この状態が長く続くと、やがて膵臓は疲弊し、インスリン分泌が低下してくるのです。そうなれば、さらに血糖値は上昇し、糖尿病は悪化してしまうのです。


インスリン分泌が極端に低下すれば、インスリン注射が必要になることがあるため、できるだけ早期の生活習慣改善が望まれます。

検査についてはコチラ

治療についてはコチラ

糖尿病の合併症とは?

血糖値が高い状態が続くと、やがて色々な問題を引き起こし、様々な症状が出てきます。それが俗にいう“合併症”です。


高血糖の状態は、全身の血管や神経にダメージを与えてしまいます。そのため、全身に合併症が起こるのです。


合併症が進行すると、失明したり、透析治療が必要になることがあります。進行した合併症は治療が難しいため、大事なのは予防です。

検査についてはコチラ

治療についてはコチラ