弁天町駅より徒歩10分、

大阪シティバス市岡停留所より徒歩3分

内科・糖尿病内科・循環器内科

  内藤医院

タイトルを編集するにはクリック

〒552-0012 大阪市港区市岡1-1-26

TEL:06-6571-1478   FAX:06-6572-4093

よりよい明日のために。

一歩ずつ。

現在、禁煙補助薬のチャンピックスが出荷停止となっており、現在はニコチネルパッチのみのお取扱いとなります。

タバコによる健康被害

タバコには、ニコチンやタールなどの有害物質が多く含まれて

おり、喫煙を続けると、様々な病気を引き起こすとされています。

特に問題となるのは、発癌性と動脈硬化促進作用の2つです。

前者については特に、煙の通り道となる咽頭や喉頭、肺や食道でのガンの発生率が特に高くなることが知られています。

後者については、最終的に脳梗塞や心筋梗塞のような重篤な病気に至ることもあります。足の血管が詰まってしまい、切断を余儀なくされた方もいらっしゃいます。


累積の喫煙本数が多くなるほど、こうした病気になる可能性が高くなります。また受動喫煙により、周りにいる方の健康にも悪影響を与えてしまいます。


ですから、出来る限り早めに禁煙したほうがいいのです。

タバコの健康被害について(日本医師会 ホームページ)

禁煙外来について

禁煙外来は12週間が基本です。


禁煙補助薬には、内服薬のチャンピックスと貼付薬のニコチネルパッチがあります(現在、チャンピックスは出荷停止となっているため、現在はニコチネルパッチのみの取り扱いとなります)。


まず初診時に、簡単な質問票でニコチン依存症の程度を確認します。そして、吐く息に含まれる一酸化炭素(CO)濃度を測定します。COはタバコの煙に含まれる有害物質の一つです。


初診日以降は、“禁煙”とし、ニコチネルパッチの貼付を開始していただきます。パッチは合計8週間貼付いただきます。貼付終了4週間後に最終受診いただき、禁煙継続が確認できれば、治療終了となります。

禁煙外来の対象となる方

禁煙外来にかかる費用

  • ただちに禁煙しようと考えている方。
  • ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上の方。
  • ブリンクマン指数(一日あたり喫煙本数×喫煙年数)が200以上の方(35歳以下の方は除く)。
  • 禁煙治療に対して、文書による同意書を頂ける方。

禁煙外来には、初診料(2回目以降は再診料)+ニコチン依存症管理料+薬剤費がかかります。費用はニコチネルパッチを使用する場合、計1万2000円程度。チャンピックスを使用する場合は計1万8000円程度(※医療費自己負担額が3割の場合)となります。