弁天町駅より徒歩10分、

大阪シティバス市岡停留所より徒歩3分

内科・糖尿病内科・循環器内科

  内藤医院

タイトルを編集するにはクリック

〒552-0012 大阪市港区市岡1-1-26

TEL:06-6571-1478   FAX:06-6572-4093

よりよい明日のために。

一歩ずつ。

循環器疾患

心不全や不整脈などの循環器疾患は、生命に直結する病気です。症状が出てからでは手遅れのことも多くあります


糖尿病や高血圧症、高脂血症、肥満などの生活習慣病をお持ちの方やタバコを吸われる方、過去に吸われていた方は循環器疾患に陥りやすいため、まずは、こうした生活習慣病をコントロールし、禁煙に努めることをオススメします。


また異常を早期発見するためには、レントゲンや心電図などの検査を定期的に行う必要があります。


基本的には、内服薬にて治療を行いますが、カテーテル治療など高度な治療が必要であれば、提携医療機関への紹介もさせていただきます。

心不全

心不全とは、心臓の筋肉の働きが落ちてしまった状態です。心臓は全身に血液を送り出すポンプの役目をはたしています。この働きにより、血液は心臓から全身に巡り、そして再び心臓に戻ってきます。


心不全になると、血液の流れが滞ってしまいます。血液の流れが滞ると、全身に十分な酸素、栄養が行き渡らなくなります。それが、呼吸苦や動悸、倦怠感などの症状に繋がります。


また、体の末端には、心臓に戻れなくなった血液ひいては水分がうっ滞します。心不全患者さんで足のむくみや体重増加がないかを確認するのには、こうした理由があります。また、肺の中にも水分がたまり始めると、呼吸苦症状が強くなります。


心筋梗塞を起こしたことがある方や不整脈のある方では、心不全に陥る危険が高いため、上記の症状がないか注意が必要です。

心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患

血管は全身を縦横無尽に走っていますが、これは心臓も例外ではありません。心臓の筋肉も酸素や栄養を必要とするからです。この血管のことを冠動脈と言います。心筋梗塞や狭心症というのは、冠動脈に関する病気です。


狭心症というのは、冠動脈の内部に、コレステロールを主成分とするプラークがたまり、血液がスムーズに流れなくなる状態です。こうなると、心臓が多くのエネルギーを必要とする活動時には、心臓の筋肉に十分な酸素・栄養が行かなくなります。これが活動時の胸痛や動悸、息切れとして現れるのが狭心症です。


心筋梗塞というのは、冠動脈が詰まった状態です。この状態では、その先に全く血流が行かないため、早期に閉塞を解除しなければ、下流にある心臓が壊死に陥ってしまいます。そのため、最悪のケースであれば突然死の恐れもあります。突然死を免れても心臓の力を取り戻すことはできないため、心不全となり、日常生活に制限が出てしまいます。

不整脈

心臓は“ドックン、ドックン”と規則正しく脈打っていますが、このリズムが乱れてしまうのが不整脈です。一括りに不整脈と言っても様々なタイプのものがあり、治療を必要としないものもあります。なお、不整脈には脈が速くなるタイプと遅くなるタイプがあり、前者を頻脈、後者を徐脈と言います。


不整脈の治療としては、以前から色々な内服薬が用いられてきましたが、現在ではカテーテル治療も進歩し、根治が可能なものもあります。そのため、動悸などを感じた場合は、出来る限り早く受診されるほうがいいでしょう


ちなみに、不整脈のひとつ、心房細動は脳梗塞の原因になります。脳梗塞を起こすと、致命的な結果を引き起こしますので、あわせて脳梗塞予防を行ってまいります。

腎不全

腎臓は全身を流れる血液を濾過する装置です。そのため、体内の血液循環において、心臓と並んで重要な地位を占めています。体内の水分量を調整し、血液中の物質を選別し、老廃物のみ排出する働きをしています。


腎臓の働きが損なわれると、余分な水分や老廃物が排出されなくなります。ひどくなれば、むくみや尿毒症が出現します。他方、腎臓は血圧の調整や骨代謝、造血にも関わっているため、腎不全が悪化すれば、高血圧や骨粗鬆症、貧血が出現します。


なお腎臓は、一旦悪化すれば、その機能を回復させることは難しく、最終的に透析治療を必要とされる方もいらっしゃいます。

下肢閉塞性動脈硬化症

動脈硬化症とは、血管内部にコレステロールを主成分とするプラークが蓄積することをいいます。血管の柔軟性が失われて硬くなることから、この名がつきました。


プラークがどんどん蓄積していくと、やがては、血管内部が詰まっていき、血流が極端に低下します。下肢動脈の硬化が進み、血管内腔が極端に狭くなった状態を下肢閉塞性動脈硬化症と呼びます。


初期には無症状ですが、そのうち歩行時に足先がしびれたり、足が疲れやすくなったりします。さらに病状が進むと足先に傷ができやすくなり、最悪のケースでは、壊死に陥り、下肢切断を余儀なくされることもあります。


下肢閉塞性動脈硬化症を防ぐには、禁煙が非常に効果的です。また、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの治療をしっかり行っていくことが肝要です。